船橋法典の塾「S.E.アカデミー」のブログ『船橋法典教室日誌』

S.E.アカデミー船橋法典教室のブログです。

S.E.アカデミー | 船橋法典教室

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約

船橋法典教室日誌

受験生からひと言

受験勉強大変です。

たまには息抜きも必要だと思います。

By R.Y

 

吉川先生面白い。

By T.S

 

 

2015年07月31日

特にない日

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

 

海外旅行に行くためお休みだったり、プールだったり、いろいろと子供たちからイベントの話を聞いて、いいなぁと思っています。

 

さて、今週末は江戸川で花火大会があるようです。子供たちの中には行くことをかなり楽しみにしている子も

いるようですが、受験生のみんなは自習を頑張ろうね。

 

今日は、思いつくことがありません。

いろいろと、自習を回ってイレギュラーなことに対応をして、事務作業が残っていますが頭がもう考えることを拒否しています。

 

明日、気合で頑張って早く起きて塾に来て考えるようにしたいと思います。

 

 

 

 

2015年07月30日

今週の掲示物

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

 

教室の座席パーテーションに、毎週張り紙をしています。

受験合格の法則、受験失敗の法則で、毎年時期ごとに変えています。

今週の第1教室の題目は、

 

・朝10時までに起きる。

・休憩時間中に質問をする。

・30分以上集中する。

 

集中時間と内容が伴って、成績につながります。

頑張って自習に来てね。

2015年07月29日

共働学舎でのワークキャンプ

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

毎年夏に、恒例イベントとして、長野県にあるNPO法人、共働学舎さんにお邪魔をして、

小学生・中学生たちとワークキャンプを実施しています。

 

身体が不自由であったり、鬱病等にかかってしまい、都市での生活になじめなくなった方々が、

自分自身をもう一度見つめなおして、それぞれが役割を持って活躍をされている場です。

子どもたちにそこに行ってもらうことで、普段自分たちが知っている世界とは一味違う世界を見てきてほしいと思います。

 

自分は、教室を開ける必要があるため、当日は参加できませんが、みんなには楽しんで行ってきてほしいと思います。

 

2年前までは、毎年行っていました。

9月のシルバーウィークに行ったときは、道路渋滞により帰りが午前3時になったり、

7月に行ったときは、金曜日の授業が終わった後、講師の先生たちと徹夜で長野に行き、

ワークをした後、月曜早朝に長野を出発して教室に帰ってきて、そのまま教室を開けたときもありました。

 

今年の夏は、超多忙です。教室のことはもちろんそうですが、父方の祖母が、そろそろ

整理が必要となってきたようで、父方の家系で残っているのは自分だけなので、

親戚関係との連絡からなにから、準備をしなければなりません。

残った親族で動けるのは自分だけなので、自分がやるしかありません。いろいろと、時間が取れるかわかりません。

 

大学の後輩たちの、学習指導案の添削も溜まっています。

 

旅行に行きたいとは言いません。1週間休みをくれとも言わない。

休みなんて、2日もあれば十分です。有給なんてものもいらない。

ただ、自分の仕事に集中できることを願っています。

 

子どもたちよ、まじめに、遊ばずに仕事を頑張っているんだから、

これ以上苛めないでくれ。。。

2015年07月28日

第1教室、あと一人いけるかどうか…

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

自習スペースが、かなり満席に近い状態になる日が増えてきました。

今日は、小学生が2人、授業後に居残って21時まで自習をしていました。まぁ、半分は休憩をしていましたが。

 

一部の中3生がまだ、総体の個人戦や個人競技で上のレベルまで行っているため、長い時間、

自習に来ることができていません。

 

彼らのことが心配です。残り、11日で受験勉強のできる時期は大半が終了します。

 

中3生の8月塾内模試が、今週からスタートをしました。

予想通り、集中して早くから取り返しの勉強をしていた生徒は当たらずとも遠からず、少しは

成績につながってきています。

自習に来れていない生徒、来てもできていない生徒は、勉強時間を増やす最後の2週間です。

 

 

文句は受かってから言えよ。

今週からは、軍曹のようにスパルタ指導をしていきます。

受かってから文句は言えよ。

2015年07月27日

1日の長さ

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

 

さて、土曜日になりました。

 

いつもだったら家でゆっくりと寝ている時間です。

夏期講習・冬期講習の期間、個別指導の教室長は体力勝負の日々が続きます。

09:00~17:00(1時間昼休み)の会社勤務と違い、ほぼ

07:00~22:00(面談等の希望が入ると、23:30以降)で時間内無休での

学習指導です。

常に子供たちがいるので、気が抜けません。

 

コーヒーを買いに、40秒間自販機に出るぐらいの時間もとれない日もあるので、忙しいです。

これに加え、再来週は8月になります。月が替わることによる事務作業もあるため、事務作業もさらに加算されます。

 

これ以上頑張れないくらい頑張っているつもりですが、頑張ります。

 

2015年07月25日

塾生からの宿題

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

自習を見ているとき、高校生から、学校説明会に友達と参加をしたときに出題された

クイズの問題を解いてみてと言って渡されました。

 

友だちと二人で、その友だちが基本的には解いたそうですが、なかなか骨の折れる問題です。

結局彼女が帰る前に解き終わることができず、全部で1時間ほどかけたでしょうか、最終的には解くことができました。

 

同じ問題を数学科の講師の先生にも解いてもらったところ、彼は私とは別の解き方をして

いて、

文系脳と理系脳のひらめき方の違いがあってなかなか楽しめました。

例えば、INKはハート4、ダイヤ9、ハート6のように何個かヒントがあり、

 

なぞなぞの文章を読み解き、なぞなぞを解く問題でしたが、

文系脳の私は出る数の多いカードを「aiueo」の母音、

カードの数字が2つ並んでいるものは、促音で「っ」とできるもの、

終わりに?がついているから、〇〇ですか?とか、なんだ?といったことばが入ると予想し、

数字に文字を当てはめていきました。

 

結局当てはめきることができましたが、かなり時間をかけました。

数学科の先生はアルファベットの順にカードの数字を並べていき、カードの絵柄と数字の規則性を数式にして、当てはめていきました。

私があと少しで解けるというときに彼に問題を渡したため、途中で解読は終わってしまいましたが、

かなり早いペースで文字と数字の組み合わせを当てて正解にたどり着けていました。

 

明日、彼女に問題の解答は2種類渡すことができそうです。いやぁ、疲れた。

2015年07月24日

学校見学の日

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

今日は高校見学が何校かあるため、午前中は生徒の入りが少なそうです。

最近は部活動を引退し始めた中3生が早い時間から自習に来始めるようになりました。

 

自習をしに来ている生徒と自習室に来ているだけの生徒がまだ混在していて、

まだ本気で受験生になりきれていない生徒が大半ですが、

ごく一部を除いて、静かに頑張って自習をしています。

 

子どもたちにも様々なタイプの子がいますが、受験という乗り越えなければならない壁は一様です。

その壁を乗り越えるための学力をつけることは、子供たちが初めて経験をする試練になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、こちらの指導を聞かずに自己判断で全てを決めている受験生たちに、

携帯を触らずに自習に集中するように、自分の休憩のタイミングに周囲の塾生を巻き込まないように

説教をしましたが、「うるせぇ」「しね」「きもいんだよ」と散々に私の陰口をたたいてその後すぐに帰ったようです。

 

自習室に来たくなければ、もう、来なくていいよ。

 

今までにも、講師の先生が好意で授業のない日に無償で指導をしに来てくれていることを当たり前のように考え、

先生の予定も考えずに「〇〇日、来いよ」と扱き使い、そういったありがたい先生を「先生」を付けずに

呼び捨てで呼び、「絶対に来いよ」「来なかったら殺すぞ」とか、何様のつもりだよ。

模試の類もカンニング行為をしたり、自分の帰宅時間に周囲の生徒を合わせさせたり、

周囲のジャマになることを注意したら「死ね」とか、ふざけんなよ。

 

君たちのわがままな行為・言動については、すべて記録を残し、保護者の方へ伝えます。

こちらは、本気でキレています。

 

上記のような態度で、成績を上げる気もなく、その努力の姿勢のない子どものために、

講習会の費用を負担していただいている保護者の方に非常に申し訳ないです。

 

今週か、来週中に必ずお母様にお電話を差し上げます。

こういった事情で、講習を受講していただいても効果を出すことができません。

効果を出すことのできない授業を入れることは、我々としても保護者の方に申し訳ありません。

 

我々が望んでいるのは、「受験勉強を頑張ること」ただそれだけです。それ以上は望んでいません。

 

やる意味、効果をだすことができないことを最初から分かっている授業を提供するのは、

ある意味詐欺の片棒を担いでいるのと一緒です。

そんなことは、する気はありません。

2015年07月24日

受験を失敗 する 人 ・ させる 人 

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

 

受験生も自習に慣れて来て、馴れてくる時期になりました。

 

高校受験を控えている3年生のあなたへ。

次に挙げる項目が一つでも当てはまる場合、あなたの受験が失敗するもしくは、

あなたが原因で周囲の同級生の受験を失敗させる可能性が非常に高くなります。

 

1、受験を失敗 する 人

・1日の自習時間が少ない

・得意な科目ばかり自習をする

・その日にやる内容は、気分で決める

・単語の暗記等の地道なことをあまりやらない

・飽きたり、休憩をする時間が長い

・眠さにまける

・遊びの予定を考える

・音楽を聴きながら勉強をする

・周囲の助言に耳を傾けない

 

2、受験を失敗 させる 人

・根拠不明の持論を展開し、自習中にこちらが「やるな」と言っていることを隠れてやる

・自習に飽きたら周りに話かけ始める。

・休憩時間外に外に休憩に行く。

・自分の帰る時間に周りを合わせさせる。

・「いついつ遊ぼうよ」と、遊びに誘う。

 

受験で失敗をし、泣きの人生を歩むのは勝手にやってもらえばいいですが、

親御さんから「勉強を頑張る」と騙して塾に金をつぎ込ませ、「自分の限界に挑戦をして

一つでも上の高校に入りたい」という同級生の夢をつぶし、塾で熱心に指導をしている

講師の先生を裏切る行為をする者は、決して許されません。

 

自分が思っている以上に招く結果は重大です。

周囲を巻き込む者は、徹底的に追及をかけていきます。

 

2015年07月23日

1週間の半分

いつもありがとうございます。第1教室の秋場です。

 

 

今日の午前中は、一部の中3生を除き結構な人数が自習に来てくれました。

自習中は基本的に集中をして休憩中は休憩をするよう、メリハリを今年の授業時間ではつけてあります。

 

昨年までとは違い、隙間時間を多めに作っているため、今年は少しメリハリがつけられているようです。

 

 

今週中に学校のワークを終わらせよう。頑張りましょう。

2015年07月22日

  • 資料請求フォーム
  • 船橋法典教室日誌

SEアカデミー船橋法典教室

  • よくある質問
  • 無料体験授業
  • 企業理念
  • 塾長挨拶
  • 資料請求
  • 教室の特徴

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約