船橋法典の塾「S.E.アカデミー」のブログ『船橋法典教室日誌』

S.E.アカデミー船橋法典教室のブログです。

S.E.アカデミー | 船橋法典教室

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約

船橋法典教室日誌

独白(長文)

いつもありがとうございます。

 

中間試験が終わって塾に自習をしに来なくなった中学生たちとは反対に、高校生が期末試験1週間前となって自習をしに帰ってきています。

 

なので、もう少し定期試験週間は終わらなそうです。

 

 

定期試験前後の時期、全国的に塾業界では新規入塾生獲得チャンスの時期となっています。

 

———————————————————————————–

塾に行かせているのに成績が上がらない。

この塾に行っていて意味がない。

もっとうちの子に合った塾に行かせよう。

———————————————————————————–

 

こんなお声を最も聞く時期でもあり、自教室から出て行く方からも同じような声を聞く時期

でもあります。

 

 

それで、塾を変えて次の定期試験はどうなるか。

 

大体は少し上がって、2回目以降のテストで成績が変わらなくなるか、塾を変える前に戻ります。

その後安定し、不満が溜まってまた塾を変えていく。。。

 

高校生になった元塾生たちから、たまに〇〇さんの行った高校知ってる?と教えてもらうことがあるのですが、

「中学生の時に学年ベスト5に入っていて、関東圏トップクラスの高校に行きたいから仲間と競いたい」

という理由で転塾していった子以外は大体が「えっ?」という、想定より低い高校に行っていることもよくあります。

もちろん、こちらの思っていたよりも高い高校に行っている子もいますが、本当にごく少数です。

 

 

転塾をしたあとに差が出る理由があります。

一つは、塾の使い方を勘違いされている方が非常に多いということです。

「塾に行かせているから」が一つの免罪符として成り立っています。成績が上がらないのは

 

「塾の対応が悪いせい」

「学校の先生の教え方が悪いせい」

 

だから「別の塾に変えれば上がるかも」と、塾をお守りのように思っている方が多いです。

塾に通わせることが安心料になっていて、それをわかっているので大手の塾はお金の使い方

が実にうまい。巧みに誘い、勧誘をします。

 

・近隣の学校の過去問を使用して、とにかくたくさん試験前に過去問慣れをさせます。

 

過去問を使うことをうたって安心感を持たせるのが規模の大きい塾ではよくあり、

試験直近の授業で過去問を使用したりすることもあるみたいです。

 

 

確かに、過去問を解いて似ている傾向・パターンの問題や同じ問題が出たらハッピーかもしれませんが、どうでしょうね。

学校の先生の同じネタ本からの出題ミスを狙っているだけのセコい勉強法で、実力がつく勉強法とは到底思えませんが。

その場の成績は上がるでしょうが、入試には通用しないでしょうね。

 

なので、第1教室では過去問はどんなパターンの問題なのかを参考程度に見て、きちんと悩んで間違い直しをしろ。

と教えています。

 

勉強の仕方や考え方を、試験を受ける本人が変えられなければ周りの環境をいくら

変えたところで改善することはできません。

 

5教科を塾で授業を受けなければ平均点を取れない子がいれば、

1教科だけ塾で勉強をしていて学年トップ5に入る子もいる。

 

我々の教室では、高い成績を維持してまた、成績をグングン上げていく子ほど自習中にかける

言葉が少なくなります。

 

 

子ども自身が目標・方針を正しく持つことができるように育てること。

目標の定め方、方針の立て方をきちんと教えること。

これが、成績向上に欠かせない根幹だと思います。

 

 

家庭での人格教育なくして子供の成績はあがりません。

学力向上のための勉強であったり、社会常識・集団生活のマナーは塾でも教えることができますが、

本人の考え方の質を高める努力。これはご家庭での教育以外に成しえません。

 

 

なので、保護者の方に塾をこのように使って欲しいと思っている使い方があります。

 

1、塾に完全に任せない。自分の意見と塾の意見のすり合わせを積極的にする。

2、任せるとしたら、その教室に任せるだけの根拠を自分の中に持つ。

3、親の「分からないのでお任せします」は、責任逃れ・教育放棄。

4、子どもをどのように育てたいか、教育の理想を持つ。

とにかく納得いくまで、教育方針のすり合わせをする。

 

塾の先生の言っていることが難しいから、とりあえず任せるというのはダメです。

教育者なのだから、わかりやすく説明できるのは当然。

 

————————————————————————————————–

これをされると塾側からしたら、本当に「嫌な客」になることができます。

ただ、真に教育者となりたい者としてはこういった声こそ欲しい。

腹が立つし、イラッとしますが後の自分の財産。こらえて頑張って改善をしようと思います。

 

教育って、本当に3年・4年下手したら大人になるまで本人が気づけないこともあります。

でも、気づけるための努力は欠かさずにしてあげたいと思います。

長い目で育てていかないと、子供の何も変わりませんよ。

 

「うちの子が、あなたの会社でなぜこんなつらい目に遭わなければならないのか。」

子どもが働く現場に親が口を出す、今の社会ではまだ「驚き」を持って迎えられるこの親の口出し。

営業成績が上がらずに会社の上司に文句を言い、退職させて次の仕事場を選んで送り出す。

「あなたは悪くない。悪いのはすべてあの会社。」

 

最近よく聞くこんな話。

こんな親子が10年後・20年後に普通になると考えると、日本にいたくなくなります。

一緒に、子どもたちにいばらの道を歩ませましょう。そうして独立独歩できるよう、応援しましょう。

2016年06月25日

定期試験が終わった受験生へ

いつもありがとうございます。

 

今日は久しぶりに元高校生がたくさん教室に来てくれました。

以前であればあまり勉強をしていなかった彼らが、高校を卒業して姿形が変わって、

本当におとなしくなって……くれればよかった。

 

相変わらずのにぎやかさで教室にきて盛り上げてくれました。

 

とりあえず、会えてよかった。

2016年06月23日

元塾生の岩澤です。

どうも、元塾生の岩澤です。受験生のみんな勉強ちゃんとやってるかな?

この時期は、部活が総体の時期でなかなか勉強に集中できないと思うのですがこの時期が一番の勝負どころです。

なぜなら、夏休みに入ったらみんながちで勉強するので成績の伸びが出にくくなるからです。

また、夏休みは、必ず日曜日以外朝から塾に来てください。

なぜなら、この塾の特徴として生徒と先生との距離が夏休みの間にかなり近くなり塾に来るくせができます。

そうすることによって、徐々に勉強することも常識的になり必ず生きていく糧となるからです。

 

例として自分のことをあげるとしたら、私は、高校受験で公立高校に不合格になってしまって東京学館浦安高校にいってしまいました。

ただし、夏休みに朝から晩までこの塾で勉強してきたおかげで勉強する習慣の様なものが身につけられました。

その結果、大学受験では立教大学に合格することができました。

 

最後に、自分はこの塾に通ったことによって人生が変わったと思います。

なので、生徒の皆もしっかりと秋場先生の話を聞きましょうね。

こんな変な日本語の文章をわざわざ読んでくれてありがとうございます(笑)。

 

まっ中学とか高校とかまじで楽しすぎる時期なので楽しむことも忘れずに~

最後に、自分がバカだと思ってる人にアドバイスで、

 

どんな人でも誰よりも努力すればどうにかなる

 

ので、あきらめずに頑張っていきましょう。

2016年06月23日

岩ちゃん

 

 

 

 

 

 

久しぶり。

2016年06月22日

進路選択

いつもありがとうございます。

 

高校2年生が自身の進路選択を相談しに来ました。

 

2016年06月21日

復興

いつもありがとうございます。

 

6月7日の塾のブログでご紹介した、熊本県の受験生の受験用教材を送るプロジェクトに無事に金曜日、振り込むことができました。

それとともに、日・月(今日)で熊本に行ってきました!ので、塾生諸君にはぜひ見て欲しい。

自分自身がどのようにして将来社会貢献をしていくかを考えて欲しいと思います。そう思って、書きました。

 

 

今回は、熊本市周辺部の益城町、嘉島町、菊池市、山鹿市、玉名市をレンタカーを借りて回ってきました。

 

熊本市内は市電も走っていて比較的建物の損壊が少ない印象。水前寺公園も地震直後には公園の湖から水が一気に引いてしまっていたが、

 

湖に水が戻り、鯉が元気に泳いでいました。

 

 

しかし、公園内にある神社「出水神社」は修復工事の真っ最中。

 

 

走ってみると熊本市内は一部建物や道路陥没等が見られましたが、概ね大丈夫な様子。

しかし、少し益城町や菊池市のほうに車を進めていくと、光景が一変します。

 

自然公園の倒壊した東屋(益城町)

 

ガレキとなった家屋や家財道具が処理を待っている

 

地割れを起こし、いつ崩れるかわからない路肩。

 

鳥居が崩れてしまい、竹で代わりの鳥居を作った神社(山鹿市)

 

崩れて路肩にまとめておかれる鳥居(益城町)

 

この鳥居の向こうに本来あるべき神社は、地震で完全に倒壊してしまった。(益城町)

 

これが神社の今の本殿です。

 

どこの神社にいっても、ほとんどの神社は灯篭がこんな状態かこれよりももっとひどい状態でした。

(玉名市)

壁が完全に剥がれ落ちてしまっています。(益城町)

 

 

今日は雨がとてもすごかった。この楼門も足元が歪んでいますね。

 

空港から10分ぐらいの立地の場所ですら、手が届いていない。

 

越えることのできる橋は全て、橋と道路の高さがあっていないため応急工事をしています。

こんな小さな小川に架かる橋でも、橋を越えるたびに車体が軽く宙を舞う感覚。

それだけ急な段差になっています。

 

このブルーシートがひいてあるのは全て未修理の屋根です。

中では住人が生活しています。

残っているのは高齢者を中心とした世帯が多いそうで、ボランティアの方々が入浴や食事サービスを

行っているとのことでした。

 

熊本空港も、ターミナル内に大きく亀裂が入り立ち入り禁止の場所も多い。

 

 

今回の震災で特に被害の大きかった地域の子ども達のことが心配です。

メンタルケアや学力面での補助。夏休みまでにしなければならない作業がたくさんあります。

 

誕生寺でNGOの代表の方とたまたま会い、お話をしたときに土地やがれきの片付けなどの復旧作業はそろそろ終わり、

これからは教育支援等の復興の仕事がメインの仕事になってくるといっていました。

 

たまたま宿泊先が玉名市で、たまたま訪れた誕生寺にたまたまそういった方々が集まっており、こちらもたまたま

学習指導には少し明るい立場の人間なのでこれもめぐり合わせでしょう。

 

夏休みにもし彼らと協力して教育支援のイベントを立ち上げて、

近隣の小・中・高校生への最低限の自立を図れるような仕組みづくりができたらいいな、と思います。

大きなイベントにして、子どもたちに参加をしてもらえれば、それが少しでも彼らの将来に役に立てば。

成績を上げるための学習というよりかは、不安を解消するためのアドバイスを順繰りにしていく

自習巡回形式になるかとは思いますが、

近隣の学校・塾と仲良くしながら彼らへの手伝いを継続的にしていきたいと考えています。

 

ただ、塾とは無縁のところでのこう言ったお手伝い。許されるんだろうか。。。

 

2016年06月21日

暑い日

 

 

いつもありがとうございます。

 

定期試験期間の真っ最中となった高校生が再び自習に戻ってきました。

 

 

2016年06月18日

自転車の運転は気を付けよう。

いつもありがとうございます。

 

今日の15時ごろ、教室の前すぐ50mぐらいのところで交通事故が起こりました。

ちょうど行田中などの中間試験の初日で、自習に早めに来ている子などもいたので塾生が事故に

遭っていなければと気をもんでいたのですが、みんな無事で少しほっとしました。

 

とはいえ、事故現場がほぼ目の前だったので、警察の事故処理やら車両の通行止めやらで外がとてもざわついていました。

 

 

***交通事故にあわない・起こさないために必要なこと***

・車→バイク→自転車→人 の順番に責任が重い。

・特に、自転車に乗っている塾生は自転車はすぐに止まれないことを認識して走行すること。

・自転車の交通事故の損害賠償事例が最近増えているので、特に歩行者には注意をする。

・イヤホンで音楽を聴く、携帯を見ながら走る(歩く)、傘刺し運転、よそ見運転、無灯火などの周囲の交通に気を付けていない要素は

事故が起こった時に自分の責任が重くなる原因になります。

だから、まっすぐ前見て歩け。

・駐輪スペースから自転車のお尻をはみ出して止めていて、万が一その自転車をよけて通ろうとした人の身に事故が起こったら、

駐輪した人にも事故を起こした責任がかかります。

駐輪スペースの枠の中に自転車のお尻を入れて止めてください。

2016年06月16日

遊ばず頑張れよ。

自習中に勝手に食べていくな。

携帯に集中していると、こうやって更新されていることに気づかないものだな。

2016年06月14日

6月14日の自習

 

 

いつもありがとうございます。

 

今日は静かな環境の中、エアコンを効かせて涼しい教室で定期試験3日前の塾生が勉強を頑張っています。

家でやっている人は、学校のワークは終わったのかな。絶対終わらせろよ。

2016年06月14日

  • 資料請求フォーム
  • 船橋法典教室日誌

SEアカデミー船橋法典教室

  • よくある質問
  • 無料体験授業
  • 企業理念
  • 塾長挨拶
  • 資料請求
  • 教室の特徴

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約