船橋法典の塾「S.E.アカデミー」の新着情報

千葉・船橋法典の学習塾「S.E.アカデミー」の新着情報をお伝えします。

S.E.アカデミー | 船橋法典教室

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約

船橋法典教室日誌

珍しい元塾生

いつもありがとうございます。

 

あの声を聞いたのはいつぶりのことになるでしょうか。

というぐらい昔に来て以来、一度も会うことのなかった元塾生が今日久しぶりに来ました。

ただ、遊びに来たのではなく明日までに書かなければならない推薦入試の自己PRや

志願理由書の添削を頼みに来たのですが。。。

 

相変わらず、期日直前になって慌てる奴です。しょうがないので今日の授業をお願いできる子は

他の先生にお願いし、彼の志願理由添削を全力でしました。

ほぼ書き直しになりましたが、ある程度日の目を見れる志願理由と自己PRになったのではないかと思います。

 

来年からは大学生です。

直前になって慌てないよう、事前に準備のできる大人になってください。

 

2016年09月28日

早帰りの日の行動でその人と成りがわかる。

いつもありがとうございます。

 

 

今日は船橋市内の小・中学校が「千教研」のため午前日課だったようです。

家を出たときから未就学児とは思えない大きい子たちが元気に外を走り回っていて、

仕事の進まない嫌な予感がしていたのですが、今日も14時前から子どもたちが入ってきて勉強をしていました。

法典小の生徒、高校生たちに次いで、法典西・柏井小・旭中・市川5中生・行田の一部生徒の順です。

市川5中や柏井小、法典西小や法典小の生徒はとても偉いです。学校が終わって塾に直行してきました。

また行田中生も想像していたよりもずっと遅いですが、常連メンバーが自習に来ました。

意識の低い・現在の勉強で安心感を持っている一部の生徒は来ませんでしたが、

そうした小さい判断の積み重ねが大きな判断になると信じて、自習に来て頑張っている中学生たちの

将来のために力を尽くして行こうと思います。

 

 

昨日、実はとある塾の見学に行ってきました。

授業システムの見学で行ったのですが、驚いたのが靴を下駄箱の中に入れることや

授業が終わったら「ありがとうございました」と言って帰ることが全員出来ていたこと。

その授業システムを取り入れるために思い切って、ついてこられない社員や塾生をかなりクビにしたそうですが、

常に良いものを提供することを心がけようと思っている側からすれば、そのぐらいの覚悟が

必要だということかもしれません。

そういった覚悟を持って教室を運営しているからこそ、頑張る生徒の集まる良い教室を作ることができるのでしょう。

 

授業中も水を打ったように静かで、感動して思わず今日来た塾生に、その塾の雰囲気を

ここで作りたいと言ったら「そんな雰囲気の塾だったら最初から入らない」と言われてしまいました。

 

無理なものはやりませんが、できることはやっていきます。

 

2016年09月27日

傘さし運転

いつもありがとうございます。

 

傘を刺して自転車の運転をしている人が、今日塾に来るまでに4人(5人中)いました。

歩行者に水をかけている車も3台、歩行者が水たまりの切れ目で車が通り過ぎるのを待っている

姿をみたのが数回、歩行者の姿を見ても徐行運転をしないドライバーの多いこと。

 

今日塾に来るまでに見た光景ですので、全ておとなの行っていることです。

大人は子どもの鏡。誰も見ていなくても、心配りのできる人になりたいですね。

2016年09月23日

祝日でも、塾、休みじゃないんです。。。

香川県の栗林公園です。

 

 

いつもありがとうございます。

 

今日は秋分の日。祝日らしく、船橋法典駅前の駐車場には車が余り停まっていませんでした。

市川5中にとっては、試験1週間前。松戸4中も来週です。

行田中にとっては、期末試験の中日。

 

秋分の日と春分の日は、調べたところ毎年日にちが変わるようです。

国立天文台による暦の発表で毎年9月22日か23日頃に秋分の日となり、

それが今年は今日だそうです。

そして月曜日も敬老の日でお休みでしたが、万が一この敬老の日と秋分の日が月・水のように1日置きになった場合、

なんと国民の祝日として火曜日まで祝日になってしまうそうです。

こうしてできる土曜日から水曜日までのカレンダーの赤い日が、シルバーウィークと呼ばれ

2009年ごろに1回ありました。

次は、2026年までお預けらしいので10年後ですね。

 

雨のため今日は全体的に、自宅学習の日となりそう…と思って14時にこれを書いていたら、

14:30前にしてすでに10人ぐらいが雨を押して自習に来てくれました。

 

行田中の1・2年生と5中の1年・3年生たち。

今日は静かに、おとなしく自習してくれよ。

学校で発散できない分のエネルギーをここで発散されても迷惑。

 

こうして祝日の度にみなさんがうらやましい、秋場でした。

2016年09月22日

テスト勉強

いつもありがとうございます。

 

旭中の試験2日目、行田中の試験初日です。

 

試験が終わった旭中生は大体自習に来ないのですが、休みを挟んで明後日にまだ

試験が残っている行田中生がテストが終わってから自習に来ました。

 

行田中の今日の試験は社会や理科は基本的に暗記物が多く、社会の時事問題は事前に

プリントでピックアップして置いたところが結構出てきました。

 

英語等も語順並び替えの問題であったり作文であったり、少し受験問題に形を似せた問題が

出てきていて難しそうではありましたが、基本的には連語の部分なので覚えていれば解けた問題です。

 

今回の試験はそういった意味で、点数のおすそ分けの様な問題が多かったように感じます。

 

 

明後日のテストではもう残りの科目の結果がでます。

今から始めても間に合いません。

できない問題とできる問題を探しわける。できない問題だけを解く。残りの時間で

わかるようにできる問題が何問あるかはわかりませんが、それぞれが苦手な科目や

解らない問題を頑張って解いてくれることを期待して、自習を回っていきたいと思います。

 

ということで、今週と来週最初まで事務仕事が一切できなさそうです。。。

2016年09月21日

台風16号による授業の変更はありません。

いつもありがとうございます。

 

12時現在の台風の様子をデータで見ますと、23時~0時頃に台風が強くなってくる見通しとなっています。

 

 

そのため、現在のところ台風による授業のお休みはありません。

 

 

但し、今後予報は変化をしていくこともあります。

「台風の到着が早まる」・「塾に行こうとしたら外がとんでもない状態になっていた」

等の場合には、お振替とさせていただきますのでご連絡ください。

 

くれぐれも、安全を第1に考えて行動をしてください。

 

なお、交通遮断により職員側が帰れなくなる恐れがありますので、本日のみ

閉室時間を通常の時間22:00までとさせていただきます。

22:30or23:00 までのサービス延長はありませんのでご注意ください。

2016年09月20日

受験生の一部に呆れたわ。。。

いつもありがとうございます。

 

 

旭中・法田中・行田中のテスト前です。

旭中は女子が、行田中は男子が自習に特に頻繁に来て自習を頑張っています。

 

毎回の試験で90点台までいきつつもあと1問のケアレスミスで100点を取れていない子が

次は100点を取るためにケアレスミスをしない特訓をしていました。

 

そういった、できる子は自助努力で勝手にできていきますが、そうでない子たちの来年の成長がもう楽しみです。

 

若干名手を焼きそうな子もいますが、今のうちから、来年受験生になった時の勉強に関する

心構えをさせるために今年の受験生たちの甘い勉強の様子・受験期になって泣きながら勉強をする様子、

前期が終わって落ち込む様子、後期受験に向けて必死になる様子を、いつの時期に何をしているのか

説明をしながら見せていきたいと思います。

 

::皆に注意してほしいコト::

「次、何やればいいですか」→ 指示したときに「嫌だ」とか言わないでください。

聞いておいて言われたことをやる気がないなら、聞かないでください。

それをやったら次は何も言いません。だって、質問されたから親身になって答えたのに

拒否したでしょ。

聞くだけ無駄になるし、答えるだけ無駄になるし、どちらにも無駄になるじゃん。

 

同じく、自習を巡回している時にこちらが「〇〇をやっておいた方がいいよ」と言ったら、

それは「やらないと成績上がらないよ」と言われていると思ってやってください。

 

無駄に勉強時間を増やすためのアドバイスは行っていません。

皆さんが惰性でやっている勉強のほうが、どう考えても無駄があり過ぎです。

無駄を減らすための指示ですから、聞いてくださいね。

 

 

 

 

今年の中学3年生の一部の女子ですが、受験に向けて努力をしている周囲と歩調を

合わせられない者がいます。

私の考えに考えたアドバイスをしれーっとした顔で聞き流すのはもちろん、注意に反発して無視をしたり、

教室に来て話す相手を探していますよね。

 

多分、周囲の指導者の意見を聞かなくなったら受験もうまくいかなくなるのではとは思いますが、

少なくとも講師の先生の話だけは聞いてあげてくださいね。

先生から話をする内容は、こちらで時間をかけて準備をしていますから。

 

また、そこまでされて付き合っていられるほど余裕はありません。

他にも救いを求めてきている生徒がいます。

なので私自身はそのエリアにいる子に、しばらくは直接関わりません。

 

先週・今週であからさまに私がそのエリアの自習を巡回しなくなり、講師の先生の

介入回数が半端なく増えたので塾生ならどのエリアの受験生かわかると思いますが、

一度10月ぐらいの塾内模試で手ひどく失敗して後悔してください。

そうしてからでないと、話が通じないと思います。

 

2016年09月15日

定期試験で結果を出したかったら

 

いつもありがとうございます。

 

市川4中・旭中・法田中・行田中・市川5中の順番に定期試験の日が近づいてきています。

今週から3週間、休みなしに定期試験週間が続きます。。。。

 

あと小学生の修学旅行シーズンでもあり、今日も何名かが修学旅行でお休みです。

14時現在日光周辺に雨雲がないので、曇天かもしれませんが過ごしやすい日になっているでしょう。

 

 

今日は市川市の中学校が定例研のため想定よりもだいぶ早めに教室に来ました。

高校生は14時に教室を開けたらすぐ来ると思っていたので、

14時にドアを開けて入ってきたのが中学3年生で一瞬!?となりましたが、

定例研が終わって早めに来た受験生は流石。すぐに勉強を開始していました。

 

 

 

さて、常日頃から自習席を回って言っていることですが、定期試験2週間前になってから

勉強を始めても、オワっています。

結果は出ません。というより、5教科全体の合計点数は前回の試験とほぼ変わりません。

 

そもそも、サッカーや野球等の試合で例えるなら、対戦相手が決まってから練習を開始するようなもの。

基礎トレーニングの事前準備さえ積んでいない人が、対戦相手の弱点や攻め方を考えるだけでは勝てるわけがありません。

 

モータースポーツの世界で言えばWRCやF1等で、シーズンとコースとレギュレーション

が発表されてから車を作り始めるようなもの。

テスト走行が不十分だったり開発不十分で途中でリタイアすることは確定的だと思います。

 

バレエでいえば、舞踏会の日程が決まってから曲と振付と衣装を作り始めるようなもの。

スケジュールが間に合わない計算が高いです。

 

テスト2週間前からの勉強って言っても、仮に1日2時間勉強しても28時間。5教科で割って1教科5時間ちょっと。

学校のワークを終わらせたら、オシマイです。

どう考えても、間に合わず失敗することしか見えてきません。

 

 

テスト前に勉強をいくらしても、テスト前だけ勉強をしたのでは成績が上がるはずがないんです。

どんなに効率よくやっても、1日の記憶容量の上限は決まっています。

 

「テスト2週間前からの自習で成績上がらない?」という質問と、「5分間で何か食べれる物作れない?」という質問、

本質的には同じです。限られたごく短い時間でできることは、選択肢はそう多くありません。

会社員であれば、「明日までにこの企画を通せ」と夕方命令されるようなものでしょう。

もちろん社外持ち出し禁止・サビ残禁止です。

 

様々なたとえを出しましたがとにかく、天才的な頭脳であったり一部例外扱いのお子さま

以外の凡人の皆さんは、残念ながら日ごろからの努力以外成績を上げるコツはありません。

 

ムダな努力をする時間を減らす、できる問題やおんなじレベルの問題を解かないようにしたり、

判らなかったところを反復する仕組みを作る。これが、成績を短時間で上げるコツです。

 

・勉強のやり方がわかっていない →

そもそも、2週間前から始めた時点で成績は上がらない

 

・言ってもらわないと、教えてもらわないとできない →

わからないことをわかるように教えることはできますが、それを覚えて使うのといつまでたっても聞き続けるのは違います。

 

・クラスで平均点を取りたい。 →

よく勉強をして80点台を取る子が4分の1、

復習や宿題をまめにやって60点台を取っている子が4分の1、

まったく勉強をしておらずテスト前だけ勉強をして40点台を取る子が4分の1、

学校の授業も聞いておらず20点台を取る子が4分の1

 

それぞれのレベルに応じて、平均点はすでに取れています。ご安心ください。

そもそも成績を次のステップに上げるには、自助努力が必要です。

自助努力の仕方を学ぼうとできる人は成績が上がります。

能力問わず、言われたから勉強するだとか言っているうちは、決して成績は上がりません。

努力はしてもしても足りるものではありません。

 

 

そういったわけで、定期試験2週間前なのに「テスト勉強の息抜き」と称して土日に映画やら遊びに繰り出している人は

やっぱり次の試験でも成績が上がらずに似たような結果しか出ません。

 

以上のようなことを、塾生たちに事細かく話しています。

 

 

常日頃の勉強も大切ですが、特に効率的に勉強のできる環境ができるテスト前、

休日に復習だったり勉強をしないで、成績が上がるはずがないんです。

「テスト前、いつも勉強をがんばっているから」なんて甘いことを言ってご家族が日曜日に外に連れ出しているうちは、

成績向上のご期待に沿うことはできません。維持で目いっぱいです。

 

そもそも、大手の集団塾で土日に一日中缶詰めさせるのは、

そういった保護者の起こす悪い誘惑を起こさせないようにするためでもあります。

学校のテストの結果を上げたい。成績を上げて良い高校に入れたい。そう思う親心。

であれば、休日は鬼になってください。椅子に座っている時間ではなく、間違い直しを何問解いたかで

勉強時間と判断してください。

仕事でもそうですが、短時間で終わる人ほど仕事ができ、長時間同じ姿勢でやっている人ほど仕事をしていません。

椅子に座っている時間が長ければ長いほど、ぼーっとしていると考えてください。

 

塾の先生は塾内での勉強のしかた・教え方のプロですが、ご家庭はご家庭で指導者が変わります。

「先生の言う通りにしなさい」なんて言っていると「先生がこうしろって言った」と子どもたちが好き勝手なことを

言って楽しようとしますから、それに「そうなの」なんて言って安心して

従っていては結果なんて絶対に上がりません。

子どもたちがお家で言う先生は「架空の理想的な」先生の言葉です。

私の知っている中学・高校の校歌に好きなフレーズがあります。

「心と身とを鍛えゆけ 任重くして道遠し」

 

だからわざと、この時期どれぐらいの方が読んでいただけるかわかりませんがキツイことを書きました。

 

やる必要のあること、優先順位の高いことは決まっています。

テスト前。特に土日、学校のワークをまずは終わらせる。終わったら、英単語の暗記だったり

計算分野だったりを2~3冊ぐらいレベルを変えて学習させる。

試験2週間前に範囲が発表されたら、補充する単元と共に理科・社会の暗記をする。

当然理科・社会は3歩進んで2歩下がるように常に復習が必要です。

早めに、前々から暗記科目をやっては超効率の悪い勉強にしかなりません。

直前に一気に集中して覚えましょう。

2016年09月14日

漢字検定申込が9月24日までです

いつもありがとうございます。

 

英検・数検の申込が先週で期限となりました。

 

漢字検定は24日までです。

 

受検したい方は忘れずに申込書を持ってきてください。

書面での申し込み以外、受け付けておりません。

言った・言わないの錯誤が発生しないよう、電話等で先に予約された場合でも、

必ず申込書を提出ください。

2016年09月13日

読解力

いつもありがとうございます。

 

 

昨日、夕飯を食べにファミレスに行ったときのことです。

夜のファミレスでは大体、酒に酔って大声を上げる中年か若者の集団、愚痴を言い合う中年夫婦か友人、

小さい子連れが子どもを野放しにして放置をしている動物園と、

大人なお客さんが静かに読書や食事を楽しむ喫茶店の2種類に分かれています。

 

昨日は、肉類を少し摂りたかったので動物園様になっているお店に行きました。

 

介護士の人たちが近くの席でひとしきり話をして盛り上がっていたのですが、

彼女たち、私よりも年上なのに話をしている内容が非常に平べったくて生産性のない言葉ばかり。

「ムカツク」とか「ウザイ」にすべての感情を集約していますが、何がどうでムカツクのか何がどうでウザイのか、

筋道立てて話ができていなくて言いたいことが言えないことにもイライラしている様子。

 

 

そういえば、「読解力を上げるには~」とか「読解力を付けたい~」といって塾に来られる方が

最近増えています。

算数(数学)や英語に関しては、教えることに対する知識を持った専門家に任せた方が

効率はいいと思います。

 

ですが、国語。

国語はそもそも、様々な本を読むことで考えや知識を深め、その考えや知識を問われる問題だと思います。

例えば「自然」に関する問題と言っても、環境破壊や森や林・川の成長や土の中の生物、鉱物資源にまつわる

話から「自然」という言葉の成り立ちに至るまで、あらゆることが「自然」という言葉で問題に

できてしまうのです。

問題を読んだ・解けたのテクニックを教えることはできますが、本来の国語は情操豊かな子どもを育むために

話す・聞く・書く・読む経験をたくさん積ませるものだと思います。

 

ですから、テストで点数を取らせるためだけの小手先のテクニックであってテスト以外ではほぼ役に立たない知識を

身につけさせたければ塾へどうぞ。

 

面談の時によく言われる、教養をつけて情操豊かな子どもに育てたいとお思いならば、

お家でライトノベル等ではなく乱歩賞や芥川賞受賞作等の良書を買い、美文に触れさせること。

 

国語の問題なんて、良書・美文のうちの一部しか触れずに常にだれかの意図を問う問題に追われます。

そんなのでは、読んだうちには入らないと思います。

自分の気持ち・自分の感情で読んで自分自身の血となり肉となる文章をたくさん読む。

これに勝る国語の教養力はないと思います。

 

「中学3年生レベルだから、漢検3級を取ればいい。」

これが、読書量の少ない子ども。

 

「中学3年生だけど、2級に挑戦する」

これが、よく本を読んでいる子が挑戦していることです。

 

読書量の多い子は、無理難題でも挑戦します。

まだまだ読書量も少なく知識もないけど、少なくとも周りの子どもたちとは同じ土俵に立っていないから。

漢字なんて、勉強しなくても「こんな雰囲気だった」で思い出せてしまいます。

 

 

そういうことを言っている自分は、塾の先生でもありますが

中学・高校の国語科の教員資格を持った人間です。

 

だから、子どもたちに言いたい。小手先のテクニックが必要になって塾で国語の勉強をするんだったら、

その前に家で本を読め。

親が読んでいなくてもお前が自分で買って読め。好きなジャンルを作れ。

好きな作家を作れ。好きなジャンル・作家があればどんどん読む本が増えてくる。

新潮文庫でいい。500円以下だから、お小遣いで買える。

 

 

2016年09月09日

  • 資料請求フォーム
  • 船橋法典教室日誌

SEアカデミー船橋法典教室

  • よくある質問
  • 無料体験授業
  • 企業理念
  • 塾長挨拶
  • 資料請求
  • 教室の特徴

お問い合わせ・資料請求・無料体験授業のお申込みは

  • アクセス

047-338-9910

〒273-0046 千葉県船橋市上山町1-93-3

047-703-7888

〒273-0047 千葉県船橋市藤原1-4-30

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験授業ご予約